歩き方 (足の向き)

歩行時の足のつま先の角度を足角といいます。
角度は約10度といわれています。
201108191022000.jpg

この角度で正しく歩くと関節や筋肉に負担も少なく歩くことが出来ます。よくこの歩き方を指導しているとО脚に見えるのが気になると言われますが全くそんなことはありません。

ニューアシストの姿勢歩行トレーナーの森井隆喜が考案した脚ながウォーキングでも
この足の使い方が基本になります。より美しく健康になるウォーキングです。


左右の足がある程度一直線上を歩けば問題ありません。
左右の足幅が広がってしまうとО脚気味になってしまいます。

靴を履くと靴の幅や底のクッションの加減などでうまくいかないので、はだしの状態で練習すればうまくいきます。

骨の構造や関節の動きはすごく複雑にできています。全身の骨もまっすぐな骨はありません。
骨は応力に耐えられるようにアールがついているからです。

足角を無視して見た目をまっすぐな角度0度に近い歩き方をしているとその代償をする筋肉や関節に負担がかかってきます。

ちなみに長時間歩いていると足の前(すねの真ん中辺り)が張ってきたり筋肉痛になっている人は、足角が0度に近い可能性が高いです。つま先を少し開くように歩いてみれば、すねの張りや筋肉痛も感じにくくなるはずです。

毎日、少しづつの積み重ねが体のバランスを整えてくれます。
運動が苦手な人や時間がなくて運動ができない人でも少しは歩くはずです。そのときに足角を意識してみてもらえればいかがでしょうか?


アスリートの方は特に注意してしてもらうことで疲労回復や、故障の予防にもつながりますのでぜひ実践してください。正しく歩くことにより全身の筋肉のバランスを良くすることができますので


メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます




ポスター1

新しいタイプのインソール 「ポスチャーソール」                  姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!                       製造販売元    ニューアシスト    
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


出版物

姿勢本の表紙      身体にとって正しい姿勢      ご注文はこちらから         _本の表紙           ご注文は砂書房へ          TEL03-5888-7444       

Access

facebook

Profile

モリコー 

Author:モリコー 
ようこそ!!
ニューアシストのブログへ!!
このブログは私モリコーが2011年4月にはじめました。

始めた理由として普段の仕事上、健康について考えることが多くこれらをまとめてみようと思い、私が実践していること、オススメできることやこれは違うのでは!?
など色々と自由に書く事にチャレンジしてみたくなったからです。

また、今までにない全く新しい発想から生まれた靴下の中に装着するインソール「Posture Sole」ポスチャーソールと言う姿勢改善グッズを考案したからです。

モリコーの紹介・・・
1971年生まれ
性別:男
出身:大阪
趣味:自転車(マウンテンバ
   イク、ロードバイク)
   写真、キャンプ、空手、
   読書、音楽鑑賞など…

最新記事

検索フォーム

Weather report


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ