スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠の悪習慣

睡眠時によくある悪習慣とその対処法について

寝つきが悪くてすぐ夜中に目が覚めるなどでお困りの方へワンポイントアドバイスです。
スポーツ選手の方も試合前などに興奮や緊張から眠れなくなることがあると思いますが、体のメカニズムを知れば少し緩和されると思います。

まず悪習慣ですが

テレビをつける、電気をつけて本を読む、時計や携帯で時間を確認する、起きてなにかをするなど・・・

特に多いのが時計や携帯で時間を確認するということで、この動作は比較的くり返して朝方までしてしまいがちです。この悪循環が余計に眠れない原因になるのです。

眠る時計を見るどれくらい寝たか計算するまた眠るさっき起きた所からの時間を計算する最初に寝た時間からの時間も計算する朝までの時間も計算するそして最後はこの起きてチェックした時間を誰かに話すために覚えようとする
こんなにことをくり返してたらしてたら目も覚めてくると思いませんか?
時計を見たりするのは悪いことではないと思いますが、1,2回目に目が覚めた時点ではおそらく朝ではないと思うので見なくてもいいんでは?明らかに明け方なら見る必要もあると思いますが…

そこで対処法は簡単

目を閉じておくだけでいいのです

眠れないからと言って何度も目を開けてはダメなんです
目を閉じれば体の電源が切れて体は休む体勢を整えて開ければ活動する体勢になります。

これは交感神経と副交感神経を入れ替えるスイッチのような役割をします。

目を開けていれば交感神経(筋肉が活動し内臓は休まる)

目を閉じていれば副交感神経(筋肉は休まり、内臓が活動する)

眠れないときは脳は寝れなくても体を寝かせてあげればいいのです。だから眠れないときでも目を閉じておけば体の電源が切れて疲れてる筋肉は修復され、内臓は食べた物を消化し体に吸収する作業をしてくれるのです。

この大事な時間に何度も目を開けたりしていると体も休まりません。でもこのメカニズムを知っていれば眠れないときでも目を閉じていれば良いんだと分かるはずです。

眠れないときは時計を見ないで目を閉じる
これだけです


メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます




ポスター1

姿勢や歩行を改善し足裏から健康に「ポスチャーソール」好評販売中!!







スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


出版物

姿勢本の表紙      身体にとって正しい姿勢      ご注文はこちらから         _本の表紙           ご注文は砂書房へ          TEL03-5888-7444       

Access

facebook

Profile

モリコー 

Author:モリコー 
ようこそ!!
ニューアシストのブログへ!!
このブログは私モリコーが2011年4月にはじめました。

始めた理由として普段の仕事上、健康について考えることが多くこれらをまとめてみようと思い、私が実践していること、オススメできることやこれは違うのでは!?
など色々と自由に書く事にチャレンジしてみたくなったからです。

また、今までにない全く新しい発想から生まれた靴下の中に装着するインソール「Posture Sole」ポスチャーソールと言う姿勢改善グッズを考案したからです。

モリコーの紹介・・・
1971年生まれ
性別:男
出身:大阪
趣味:自転車(マウンテンバ
   イク、ロードバイク)
   写真、キャンプ、空手、
   読書、音楽鑑賞など…

最新記事

検索フォーム

Weather report


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。