歩行 (腕の振り方)

歩く時に腕を振って歩くと体幹がねじりやすくなり足も前に出しやすくなります。
だいたい振る角度は前に30°、後ろに9°くらいといわれています。

街でウォーキングをされてる方を見ていて気になるのが体育の授業でする行進
のようにまっすぐに振り過ぎている事です。腕が前にいく時はまっすぐではなく、
おへその前方で握手するような感じで振ります。そして後ろに振る時は斜め後ろに振ります。


snap_newassist_20115121958.jpgsnap_newassist_201151211512.jpgsnap_newassist_20115121261.jpg



左上の図は頭を上から見た図で青いラインがが腕を振る方向になります。右上の図が正面から見た図で赤いラインが腕を振る方向になります。左下図は後ろから見た図で赤いラインが腕を振る方向になります。この方向に振れば体幹の回旋がしやすく足もスムーズに出すことが出来ます。

なぜこのような方向かと言いますと腕の骨格に理由があるのです
腕の付け根は肩甲骨との関節面が真横ではなく少し前を向いているからです。
本来の骨格通り動かすとそれにまつわる筋肉もスムーズに動かすことが出来るのです。

この振り方は走るときにも応用できます
走る時は肘を曲げていますが腕の方向は同じなので
よかったら試してみて下さい

メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます





ポスター1

姿勢や歩行を改善し足裏から健康に「ポスチャーソール」好評販売中!!

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


出版物

姿勢本の表紙      身体にとって正しい姿勢      ご注文はこちらから         _本の表紙           ご注文は砂書房へ          TEL03-5888-7444       

Access

facebook

Profile

モリコー 

Author:モリコー 
ようこそ!!
ニューアシストのブログへ!!
このブログは私モリコーが2011年4月にはじめました。

始めた理由として普段の仕事上、健康について考えることが多くこれらをまとめてみようと思い、私が実践していること、オススメできることやこれは違うのでは!?
など色々と自由に書く事にチャレンジしてみたくなったからです。

また、今までにない全く新しい発想から生まれた靴下の中に装着するインソール「Posture Sole」ポスチャーソールと言う姿勢改善グッズを考案したからです。

モリコーの紹介・・・
1971年生まれ
性別:男
出身:大阪
趣味:自転車(マウンテンバ
   イク、ロードバイク)
   写真、キャンプ、空手、
   読書、音楽鑑賞など…

最新記事

検索フォーム

Weather report


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ