スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯列矯正に対する全身へのアプローチとこれからの健康医療について

02_09halflingual02.jpg

歯並びを良くするためにおこなう歯の矯正。矯正自体に反対する
つもりはないのですが歯並びばかりに気を取られ、かみ合わせや
筋肉の動きがあまり重要視されてないように感じます。



先日、10代後半の女の子が体の不調を訴えニューアシストの
全身調整療法
を受けに来られました。

症状は肩こり、口の開きの悪さ(あごの関節の動きが片方しか感
じられない)、ほほの突っ張りから笑いにくい、顔片側の筋肉の
引っ張り感、股関節の痛みなどでした。


かみ合わせの加減ばかりではないと思いますが、姿勢バランスが
かなり崩れてて片方の足の筋力低下も著明でした。
姿勢測定では重心の位置が悪く骨盤の向きが良くありませんでした。

あごから、首、背骨、股関節、足首など全身を調整することで、
骨盤の向きも変わり関節の痛みや、筋力バランスも改善し、足の
力も出るようになっていました。

そして一番の変化は、動きを感じなかった片方のあごが動いた
ことでした。
この動きにには本人も驚かれていました
それに顔の表情や目の大きさの変化にも喜んでもらえました。
(やっぱり女の子は顔の変化には敏感ですね)


今まで何度か矯正の診察で口の開きについて相談もしていましたが
矯正している間は仕方がないという風に言われていたそうです。

いろんなケースはあると思いますが、今回のは筋肉の緊張や、姿勢の
崩れからによる体の使い方の片寄が様々な症状を引き起こしたのだと
考えられます。


体全身をトータルで評価し改善ポイントを的確に判断していかなくては
体は改善していきません。体の各部位はその部位の働きだけをしている
のではありません。各部位が色んなところを補ったりして全身が成り
立っているのです。



体はすごくデリケートで精密に出来ていて、
それでいてアバウトでありファジーなものです。


体の一部だけを診て体全体を診れていないと、その場では改善したように
見えてもまた繰り返してしまう原因になりかねません。

今回は歯並びだけを重視し筋肉や関節を軽視した結果、体の不調を起こし
たと考えられます。

これからはいろんな分野の専門家が手を組み
体全体をしっかり診ていくことがとても大事だと思います。



ポスター1       Facebookページ  
新しいタイプのインソール「ポスチャーソール」    facebookページ始めました☆
姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!
   “いいね”お願いします!

製造販売元 ニューアシスト








スポンサーサイト

出版物

姿勢本の表紙      身体にとって正しい姿勢      ご注文はこちらから         _本の表紙           ご注文は砂書房へ          TEL03-5888-7444       

Access

facebook

Profile

モリコー 

Author:モリコー 
ようこそ!!
ニューアシストのブログへ!!
このブログは私モリコーが2011年4月にはじめました。

始めた理由として普段の仕事上、健康について考えることが多くこれらをまとめてみようと思い、私が実践していること、オススメできることやこれは違うのでは!?
など色々と自由に書く事にチャレンジしてみたくなったからです。

また、今までにない全く新しい発想から生まれた靴下の中に装着するインソール「Posture Sole」ポスチャーソールと言う姿勢改善グッズを考案したからです。

モリコーの紹介・・・
1971年生まれ
性別:男
出身:大阪
趣味:自転車(マウンテンバ
   イク、ロードバイク)
   写真、キャンプ、空手、
   読書、音楽鑑賞など…

最新記事

検索フォーム

Weather report


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。