スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かむことで健康に 「フレッチャイズム」

かむことが体に良いということはなんとなくわかると思います。

かむことで、だ液が出て胃腸の消化や吸収を助けることになり
結果、健康になるという感じです。

食べるだけでも健康になるならいいですよね

しかもこれから紹介する「フレッチャイズム」の提唱者、フレッチャー氏は
この方法で100キロ近い体重を5カ月で70キロ台にまでダイエットを
成功した方でもあります


「フレッチャイズム健康法」

1、本当におなかがすいた時に食事をする

2、食欲は本当に出るまでしない

3、楽しみながらおいしく食べる

4、固形のものはしっかりかんで、液体は少しづつとる

5、見栄えがいいものではなく、新鮮で体に良いものを食べる

6、なるべく人と一緒にゆっくりはなし、ゆったりとかんで味わう



いかかですか

実に理にかなっていますよね

というか普通の事のようにも思いませんか

しかし、忙しい時間を毎日過ごされている方には、このような普通のことも
できなくなっているのです。

ストレスの多いこの時代だからこそ、ごく自然な食事の仕方にしてみるのも
いいかもしれませんね


メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます






ポスター1          
新しいタイプのインソール「ポスチャーソール」
姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!


製造販売元 ニューアシスト



スポンサーサイト

歯と食ベ物の黄金比率

人の歯
前歯が8本犬歯が4本臼歯が16~20本あり、
全部で28~32本あります
親知らずを入れると32本、入れないと28本になります

980010031.gif
※第3大臼歯が親知らずのことです。



今回は黄金比率としての話なので、
わかりやすくするために親知らずを入れずに28本で話をします



前歯犬歯臼歯の割合は  :  :  になります

前歯は野菜や果物をかじる
犬歯は肉を引き裂く
臼歯は穀類や豆類をすりつぶす
  のに使います。


食べ物の比率に置き換えると

野菜、果物        穀類、豆類  
      :       :   
         となります。



体のつくりに逆らわずに食べることが健康への第一歩だと考えます

ダイエットで穀類の米を食べないという方もおられますが、
1番食べなければならないのを抜くのは体にとってよくないことだと思います。

穀類、豆類を臼歯でしっかり噛むことで、
唾液がたくさん出て消化も良くなり、ダイエットにもつながります


またスポーツをされている方も同じです。
体を動かすことだけがトレーニングではありません

食べることもトレーニングの1つです
体作りの基本はまず食事からです。

よかったら普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか


310010011.gif



メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます




ポスター1          
新しいタイプのインソール「ポスチャーソール」
姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!


製造販売元 ニューアシスト

食事中の水分補給

dri0026-099_convert_20120412123117.jpg


水分補給のお話ですが、運動中ではなく、食事中の水分補給について。

食事中にお茶やお水を飲むときには、なるべく食後がおススメです。

理由は3つ

1、唾液の分泌が少なくなる

2、流し込んで消化が悪くなる

3、かむ回数が減り、あご周りの筋肉が減る



1、唾液が少なくなると、口から入ってくる菌やウイルスに感染しやすくなります。それに乾燥して口臭の原因にもなります。

2、口の中に食べものが入っている状態でお水などで流し込んでしまうと、胃に負担がかかり消化が悪くなります。消化が悪くなると当然、腸での吸収も悪くなります。

3、かむ回数が減るとあごを使う時に支えている首の筋肉(胸鎖乳突筋)なども弱ってくると全身の筋肉バランスにも影響してきます。

このような理由のため食事中、口の中に食べものが残っている状態では水分をとらないで、しっかりとかみ終わり飲み込んでから水などを飲むようにしてみて下さい。

よくかめば料理の味も良く感じます。  でも食べすぎにはご注意を


メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます





ポスター1          

新しいタイプのインソール「ポスチャーソール」
姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!
製造販売元 ニューアシスト  


ビタミンE過剰摂取

先日のニュースから
「慶応大医学部の竹田秀特任准教授らは、老化防止をうたう栄養補助食品として人気のビタミンEを摂取しすぎると、骨粗しょう症になる危険が高まる」という記事がありました。

また竹田准教授らは「摂取量の上限を検討し直す必要がある」「ビタミンEには体の酸化を防ぐ作用がありアンチエイジングが期待できるが、過剰摂取に注意してほしい」とも言われています。

骨は日々作り変えられていて、骨が盛られて、削られるというのを繰り返しています。
ビタミンEを過剰摂取すると、削る作用をする破骨細胞が大きくなり、削る能力もあげてしまうので骨粗しょう症になる危険性があるということです。

サプリメントなどについては反対はしませんが、以前ニューアシスト主催の勉強会で管理栄養士の先生もおっしゃっていましたが、まず基本の食事をきっちり出来た上で足りない部分を補うようにしないと、効果も少ないそうです。

言い換えれば食事もきちんとすれば補助食品などに頼らなくても良い体が出来るかもしれませんね。
姿勢や歩行でも同じことが言えます。バランスの悪いまま運動するより、普段からの立ち方、歩き方をきちんとすれば、無理に運動しなくてもいいかもしれませんよ。

何事も基本が大事ですよね、それとバランスも


メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます




ポスター1          

新しいタイプのインソール「ポスチャーソール」
姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!

製造販売元 ニューアシスト



新年明けましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします。

今日からお仕事の方も多いと思います。
年末年始に食べすぎたり飲みすぎたりしていませんか

そんな時に胃はかなり大きくなっています。
そして大きくなりすぎた胃が少し空洞ができると
お腹が減ったと錯覚してしまいます。

そこでなんの疑いもなく食べてしまうと、また食べすぎになってしまいます。
胃は風船のように膨らんだり縮んだりします。
膨らみすぎた胃を縮めていくには、少し空腹感を感じても
だまされて食べないこと


これから1週間くらい食べる量を少し減らし、同じリズムの時間で食べるようにすれば
胃の大きさも元に戻ってきます。

ダイエットをしていてリバウンドする時は胃が逆に大きくなっていくので
いくらでも食べてしまうのです。

体はリズムが大切です。自分の体にあうリズムでもとに戻していってくださいね


メールで質問コーナー
※画面右上「メールで質問コーナー」からもメールしていただけます




ポスター1          

新しいタイプのインソール「ポスチャーソール」
姿勢、歩行バランスを改善し足裏から健康に!!
製造販売元 ニューアシスト  



出版物

姿勢本の表紙      身体にとって正しい姿勢      ご注文はこちらから         _本の表紙           ご注文は砂書房へ          TEL03-5888-7444       

Access

facebook

Profile

モリコー 

Author:モリコー 
ようこそ!!
ニューアシストのブログへ!!
このブログは私モリコーが2011年4月にはじめました。

始めた理由として普段の仕事上、健康について考えることが多くこれらをまとめてみようと思い、私が実践していること、オススメできることやこれは違うのでは!?
など色々と自由に書く事にチャレンジしてみたくなったからです。

また、今までにない全く新しい発想から生まれた靴下の中に装着するインソール「Posture Sole」ポスチャーソールと言う姿勢改善グッズを考案したからです。

モリコーの紹介・・・
1971年生まれ
性別:男
出身:大阪
趣味:自転車(マウンテンバ
   イク、ロードバイク)
   写真、キャンプ、空手、
   読書、音楽鑑賞など…

最新記事

検索フォーム

Weather report


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。